ブログ


はがれない壁紙の貼替え施工しました。がんばりました。

はがれない壁紙、たまには、あることなんです。

 

十数年前の壁見、特に通気性・発泡性のある壁紙は、はがれにくいことがあります。

それまでの壁紙は、貼替えをするときの壁紙の剥離性を重要視されていませんでした。

はがれにくい壁紙の状況としては、下紙とは剥離するものの、表面のビニール層が細かく

ちぎれてしまい、時間をかけてはがしていく場合と、下紙と表面のビニール層が剥離しない

場合があります。これは最悪の状況となります。

下地の建材の多くは石こうボードになりますが、スクレッパーやヘラを使ってはがしますが、

力を入れてはがすため、下地の石こうボードをかなりキズにしてしまうのです。

湿気の多い状態では、石こうボードの表面の紙までもはがれてしまうこともあります。

 

今回は、どうやっても下紙と剥離しないので、スクレッパーを用いてはがしました。

石こうボードをキズにしてしまいますが、その部分はパテで補修していきます。

ここまでの作業時間は、通常の三倍から四倍ほど時間がかかってしまいます。しかしながら

このような状況でも、追加料金をいただいたことはありません。

ご納得いただける仕上がりを目指して、がんばっています。

 

仕上げに使用しました材料は、天井にハイブリッド光消臭・調湿性のクロスを

壁には、木目調のクロスを横貼りにしました。たいへんお喜びいただけました。

 

施工前のお部屋 施工後のお部屋

 

 

建具の不具合もありましたので、調整しました。

 

入口のドアの不具合、下側が当たっていていまして、締まりにくい状態でしたので、

建具を削りまして、スムースに開閉ができるようにいたしました。ドアノブにも多少の

不具合がありましたが、今回の工事では見送りまして、様子をみることになりました。

 

入口ドアの調整

 

家具、備品などを元に戻しまして、施工完了しました。

 

壁紙がはがれなく、スクレッパーを用いてはがしたために、細かいカスが多めにでましたが

エアコン、出窓の調度品などをビニールで養生しましたので、掃除もらくらく完了しました。

クロス貼替えの本体工事だけではなく、施工後の使い勝手なども考慮しまして、時には

細かなご提案もして、施工しています。

 

内装リフォームのご依頼は、インテリア佐野へ、よろしくお願いいたします。

お客様の笑顔のために、誠心誠意、がんばっています。

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 インテリア佐野. All rights Reserved.