ブログ


壁紙を貼るときに使用する糊について

壁紙の施工に使用する糊は多種多様ありますが、

一般的なビニールクロスを施工に使用する糊は、安全性が第一条件となります。

ホルムアルデヒドの放散量の最も少ない F☆☆☆☆ 表示のある糊が大前提であります。

F☆☆☆☆とは? 内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを放散する建材には、

使用面積に応じた制限がかけられています。Fは、ホルムアルデヒドを表していて、

☆のマークで区分を表しています。☆のマークが多いほどホルムアルデヒドの放散量が少なく、

☆☆☆☆ 星四つが最も少ない区分となります。インテリア佐野では、ホルマリンやトルエン

などの、有害VOC一切含んでいなく、ホルムアルデヒドの放散量が最も少なく、

使用制限のかからない F☆☆☆☆ の糊を使用しています。シックハウス症候群対策。

 

 

長期間にわたってキレイさを保ってくれる糊です。

ボンドが大量に配合されていますので、施工後も長い期間接着力が持続します。

耐湿、耐水接着力で、壁紙のはがれを防止します。

この糊の特性として、壁紙の縮みに対して抵抗力があり、目好きを防止します。

施工後の糊の付着による、変色が少ないです。

水でうすめないタイプは、糊の濃い薄いなどもなく、糊の性能が一定に保たれ、

安定した確実な仕上がりをご提供できます。

近年のでんぷん系の糊は、性能が格段に上がっていまして、使用する糊により

仕上がりの違いもありますので、使う糊の選定はたとも大切な事となります。

 

 

ワンランク上の、上質な仕上がりを求めて !

 

壁紙の貼り替えなどに使用する糊、パテなどの副資材にもこだわりを持って吟味し、

より上質な仕上がりを目指しています。すべてはお客様の笑顔のために、

 

詳しい内容、ご質問などございましたら、インテリア佐野まで

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 インテリア佐野. All rights Reserved.