ブログ


上質でお手頃なロールスクリーンとオーダーカーテン取り付け工事、完了しました。

カーテンの縫製仕様は、形態安定加工です。

形態安定加工とは、カーテンのヒダを整えて、生地の糸の太さや密度による硬さによって、

横に広がってしまうことを抑えて、生地自体のドレープ性がキレイになります。

よくあるご質問なのですが、市販のカーテンを買ってきましたが、きれいなヒダ、

プリーツになりません。どうしたらよいですかと聞かれますが、平面的に梱包されているので

その折り目のくせは、なかなか治りづらいもので、プリーツをきれいに表す方法としては、

カーテンを吊るした状態で、ヒダをだしてたたみ、紙などで幅の広めの帯を作り、

これをカーテンに巻き付けてテープで数日間、固定しておきますとプリーツができます。

しばらくの間は、カーテンの開け閉めが出来ませんが、、、やはりカーテン生地の質も

ちがうようで、思ったようにはきれいにプリーツができないようです。

当店としましては、形態安定縫製仕様を標準としまして、おすすめしています。

下の写真のように、かけたばかりですがキレイなプリーツになっています。

プリーツのキレイなカーテン

オーダーカーテンとはいっても、とてもリーズナブルにできるんです。

 

 

ロールスクリーンはシェード仕様です。

これまでのロールスクリーンは、上部のスキマと本体が丸見えというのが難点でしたが、

このロールスクリーンは上部のシェードが、標準仕様となりスタイリッシュになりました。

大きな掃き出しの窓もありましたので、操作方法はチェーン式で統一しました。

当初は調光タイプのロールスクリーンをご希望でしたが、予算内でおさまるように、

とってもお得なタイプで納品しました。とても喜んでいただけました。

 

引っ越しまでに仕上げることができまして、ほっとしています。

長くつかうカーテン、ロールスクリーンなので、低予算でより上質な品質な商品で

ご満足いただけるプランをご提供しています。

LDKのロールスクリーン

 

ご相談は、インテリア佐野まで、よろしくお願いいたします。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 インテリア佐野. All rights Reserved.