ブログ


電動 天窓 ブラインド 修理しました。暑かった、汗だくでした。

電動式天窓のブラインド、故障

 

2年ほど前に、新しく電動天窓ブラインドを入れ替えさせていただきました。

別の工事依頼でお伺いしたところ、天窓のブラインドが動かないとのお話があり、

以前にも、リモコンの不具合とみられることがありましたので、今回もリモコンの

電池を新しいものと入れ替えたり、接触部分を磨いたり、あれこれと試しましたが、

まったく反応なしの状態。リモコンを落としたことがある、ということでしたので、

新しくリモコンを取り寄せしまして、試しましたが、反応なしの状態。お客様から

もしかすると、カミナリの影響をうけたのかもしれないです。と聞きまして、床から

4メーターほどの場所なので、スライド梯子を用意して点検しましたが、電源は問題なし、

やはり、カミナリの影響で、心臓部であるコントローラーが損傷した可能性がありました。

 

 

コントローラーの交換について

 

メーカーに、いろいろと問い合わせてみましたところ、まずは保障期間がきれていること、

修理依頼をした場合は、本体を一度、工場へ持ち帰りますとのお話でした。高所に設置

しているため、作業するにはタワー足場をつかうので、一回の作業でおわらせることが

ベストの選択、お客様のご意見は、何日もブラインドがない状態では困りますとのこと。

そこで、当店で交換、修理をすることにしました。

 

 

コントローラーの交換、修理作業の内容

 

作業当日は、くもりの天気でしたが、天窓付近の温度はかなりの高温、40℃ぐらいです。

まずは、タワー足場の設置。これが意外とたいへんなのです。椅子テーブルを移動して、

足場の設置範囲を確保。床面を養生してから、タワーを組み始めます。天窓までおよそ

4メーターなので、タワー足場2段組みしてから、作業開始。まずは下部ボトムレールを

はずしたら、配線の確認をします。電源コード、本体接続のコネクターをはずして、

コントローラー本体をはずします。次に新しいコントローラーを取り付け、配線しますが、

今回は、カミナリの影響を受けにくいように、なるべく窓から離れたところに設置します。

下部ボトムレールを元の位置にもどしたら、リモコンを操作して、動作の確認をします。

ちゃんと動くかどうか、ドキドキものでしたが、問題なく開閉し、スラットの動きも、

だいじょうぶでした。あとはタワー足場を解体し、椅子テーブルを元の位置に戻して、

修理作業は完了となります。約3週間ほど、天窓ブラインドの開閉ができず、ご不便を

おかけしましたが、当店で交換修理を行ったことで、メーカー依頼より費用面、日数的にも

安く、早く直すことができました。ありがとうごいました。

 

天窓ブラインド修理完了 コントローラー故障

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 インテリア佐野. All rights Reserved.