ブログ


間仕切り折れ戸、修理しました。

折戸の不具合を修理をしました。

 

15年ほど前に、階段室とLDKの境に、間仕切りとして折戸を施工しましたが、

部品が外れて、閉めると開かなくなるというご連絡があり、お伺いしたところ、

パネルを固定する、丸落し操作レバーが、外れていました。部品を保管していましたので

確認したところ、破損もなくそのまま使うことができました。

まずは、建具本体をレールから外して、下部にある丸落しの部品を取り出します。

操作レバーを、回し込みながら無事に取り付けられました。そして、建具本体を

もとの状態へと戻しまして、修理完了。開け閉めもスムースになりました。

 

本体固定レバー

操作レバーの写真

 

 

折戸、引戸、間仕切り おすすめ

 

お客様のところへお伺いした時に、よく目にするのが、階段室と居室の間仕切りがない

こと。今回修理をしましたお客様も、冬場はとても寒く、夏場のエアコンの効き目が

とても、効率がわるいので、何か良い方法はないかとのご相談を受けまして、

オーダータイプの間仕切り、折戸をおすすめして、施工しました。お客様の感想は、

とにかくよい。冬の時期の寒さが全然違います、とのことでした。

他の方法としては、カーテン、ロールスクリーン、アコーデオンカーテンなども

ありますが、やはりこのオーダーできる間仕切りは、イチオシです。

サイズオーダーができますので、いまある枠などの余計な解体作業もなく、

現状のままでの取付けができますので、

間口、スペースがあるようでしたら、引き戸のほうが、おすすめです。

折れ戸、引き戸の2way使用もあります。

 

折れ戸の写真2 引き戸の写真

 

 

間仕切りのことなら、実績多数の当店へ

 

いろいろなご意見があります。

・クローゼットの折れ戸が、とても使いにくい

・ドアの開け閉めがたいへん

・よく使う建具をキレイにしたい など

いろんな商品がありますので、お客様の状況に、ベストプランを提案します。

見積り、ご相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 インテリア佐野. All rights Reserved.