ブログ


床のリフォーム工事、完了しました。ありがとうございました。

玄関ホールの床のきしみ、バウンドしてしまう箇所の修繕のご相談をうけました。

 

 

既存の床板 今までの床

 

床の修繕の方法としまして、まずはカーペットをはがし、既存の床板に開口部をつくりまして、

床下状況の確認をしました。現在の基礎工事は、ベタコンといわれるすべてコンクリートをうつ

工程ですが、以前の工事内容で基礎部分以外は、土間のままでした。ベタコンでしたら

新たに束を立てて、補強をする予定でしたが、どうしたものか? バウンドしている床の原因は、

根太掛けが外れていることがわかりました。この根太掛けをとめなおして、新たに根太を追加

して補強しました。これでバウンドすることはなくなりました。続いてきしみの原因ですが、

床板と根太のすきま、根太と土台との関係と思われましたので、ビスを用いてこまかく

とめなおしたところ、きしみがでることはありませんでした。ひと安心です。

そして、既存の床板の上に構造合板を重ねていきます。これで下地づくりは完了しました。

 

 

床の仕上げとして、カーペットタイルを施工しました。

 

  カーペットタイルをおすすめしたメリットは、

・値段が高いと思われがちですが、リーズナブルな商品もあります。

・フローリング仕上げと比べて、予算的にはグーンとお得です。

・貼り替えが容易ですので、部分的な補修、模様替えが簡単にできます。

・スリッパを使うことがなくなるため、不意な転倒防止にもなります。

・掃除も楽で、水洗いもできますので、何かをこぼしても安心です。

・寒い時期の冷たい感がなくなるため、快適な床になります。

 

カーペットタイル仕上げ カーペットタイル仕上げ

 

 

お住まいの困りごと解決は、お任せください。

 

お客様のお住まいの状況は、多種多様ですので、お困りごともいろいろとあります。

快適な生活環境のために、これまでの経験と実績を活かしまして、お客様とって

ベストプランをご提案いています。まずは、お気軽にご相談くださいませ。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 インテリア佐野. All rights Reserved.