ブログ


ワンルームマンションの内装リフォーム、ご依頼ありがとうございました。

天井、壁の張替えの工事、キレイにしました。

 

 

退去した部屋のリフォームのご相談をうけまして下見をしたところ、壁紙の汚れ、穴があり

天井には、上の階からの水漏れによるシミがあり、クロスもういていました。

大至急で張替えをしたいとのことでしたので、予定を繰り上げまして、施工しました。

 

 

壁の穴は、、、

 

壁の穴は、確認したのは一ヶ所でしたが、床面近くの壁が何かに押されたようでパンク状態。

確認した壁の穴は小さめでしたので、補修用のパッチで穴埋め完了。さて問題はパンクした

壁の処置ですが、幅が60センチほどにわたっていましたので、まずは、巾木をはずして

硬く練ったパテをぬり乾燥させまして、ういた部分を削り取り、もう一度パテを塗ります。

さすがに、パテを二度塗りしましても、ナミナミの状態なので、襖紙を貼る要領で、茶ちりを

あてがいます。袋貼りという手法で、下地のナミナミ部分を目立たなくなります。

 

 

水漏れ箇所の処理は、、、

 

壁紙をはがすと、下地の石こうボードの表面の紙も剥がれてしまう状態でしたので、

まずは、カビもありましたので、市販のカビ処理剤でカビをふき取りパテで石こうボード

の損傷部分を補修します。パテが乾燥したらもう一度、カビ処理剤を塗布します。

これで処理は完了となります。

 

 

クロス張りの作業は、、、

 

パテ、カビ処理剤が乾いていることを確認してから、クロスを貼りつけていきます。

いちばん神経を使うところは、パンクしているところに、袋張りをしたところです。

継ぎ手が、袋張りにかからないように貼りつけていきます。ピシッと張るまでに時間が

かかりますので、数時間経過後、適度にドライヤーをつかい、壁紙を乾燥させます。

 

アパート、マンションなどの張替えは、、、

カビ、水・雨漏り、ボードのパンク、壁の穴など、いろんな問題があります。

適切な処理をすることが、とても大切です。

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 インテリア佐野. All rights Reserved.