ブログ


ロールスクリーン 取替え おすすめ 

シールド付きで、上部のすき間をすっきりと

 

・フレームと巻き取り生地のすき間をかくして、直射光などを遮ります。

・サイドカバーが標準装備となりました。製品本体とシールドの端部を覆い、

 よりすっきりとしたかたちで、意匠性もよくなりました。

・生地巻き取り部分が露出しませんので、ホコリがたまりにくくなっています。

・従来品とくらべて、デザイン性もよくなり、高級感も増しました。

 

サイドカバーの写真

  サイドカバー仕様

 

シールドなし  シールドあり

     シールドなしの場合            シールドありの場合

 

ロールスクリーンの操作方法について

 

  プルコード式

・プルコードを引いた分だけ生地が下がり、少し引いて手を放すと生地が巻き上がります。

・腰高窓や小さな窓、手を伸ばしてとどく高さの窓に、おすすめです。

プルコード操作

 

  ワンタッチ式

・チェーンを引いた分だけ生地が下がり、少し引いて手を放すと自動で巻き上がります。

・立ち位置で操作しますので、かがむことなく、上げ下げできます。

・操作部の位置、左右の転換をすることが可能です。

・掃出し窓や、出入りの多い場所におすすめです。

ワンタッチ式

 

  チェーン式

・チェーンを引いた分だけ、生地の上げ下げができます。

・かがむことなく、操作することができます。

・腰高窓、掃出し窓、高さのある窓に、おすすめです。

チェーン式

  チェーン持出し操作式

・操作チェーンを室内側へ持ち出して、操作することができます。

・窓の前に家具などの荷物がある場合でも、安心して操作できます。

・かがむことなく操作できます。

・チェーン式より、製品幅と生地のすき間が小さいので、窓枠内の取付けにおすすめです。

チェーン持出し式

 

4種類の操作方式がありますが、プルコード式が一般的につかわれています。

   自宅の勝手口に、プルコード式のロールスクリーンを使っています。24年ほど経ち、

 端部の生地のほつれなどありますが、毎日のように上げ下げをし、さほど丁寧には

 つかってはいませんが、まだまだ、問題なく使用しています。

 お住いの状況により、使い易い操作方法を、ご提案いたします。

 

勝手口のロールスクリーン

 

 

イチオシ!おすすめタイプ、生地は

 

生地の種類としては、大きく分けて、デザイン、無地、遮光、レース、浴室となりますが、

なかでも無地のマカロンは、とてもお得な生地となりおすすめです。全部で30色あります。

多くのお客様に選んでいただいてまして、たいへん、ご好評をいただいております。

ロールスクリーンについてのご相談、お見積りは当店まで、

お問い合せ、お待ちしています。

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 インテリア佐野. All rights Reserved.