ブログ


猛暑の対策として、和紙と油で涼しい敷物「油団・ペッとん」で快適に過ごしませんか。

油団(ゆとん)とは、日本の暑い夏を涼しく過ごすための先人の巧知

油団とは、和紙を幾重にも貼り重ね表面に荏胡麻油を、裏側に柿渋を塗って作られる

日本伝統の納涼用の敷物のことです。

蒸し暑く猛暑が続く日本の夏には、見た目にもひんやりとして涼感があり、透過性が

高いことで体温を逃がす効果がある油団は、涼がとれる夏の逸品でした。

良質な和紙を大量に用い、大変な手間と技術を必要とするため、昔でも大変高価で

名家や料亭などで使われることが多かったようです。

上手につかえば、3、4年目からあめ色に変化してゆき、70年から100年は使えるうえに

涼しさ、美しさも増すことから、日本人の文化に添った工芸品だと思います。

しかしながら、現在はエアコンの普及などで姿を消しつつあり

全国で制作しているのは、二軒ほどとなっております。

油団づくり

 

 

 

油団の歴史

油団が作られ始めた正確な時代は定かではありませんが、いくつかの資料から伺えるのは

安政時代(1850年代) 頃から使われており、江戸時代後期の後期より日本各地で

作られていたようです。表具師の修行の一環として作られていたとも言われています。

 

高浜虚子が「柱影映りもぞする油団かな」と俳句に読んだように、柱の陰が映るほどに

つるつるとした表面で、俳句の夏の季語にもなっているほど、なじみのあるものとして

よく知られていたものだったようです。

 

今の時代のようにエアコンがない時代、敷くだけで涼しくなる油団は夏の暑さを凌ぐ

日本人の知恵として大切に使われていたことと思われます。

 

良質な和紙を使い、制作に三ヶ月以上かかり手間も技術力も求められる油団は

一帖サイズで12万円~、4.5帖で45万円~とかなり高価な商品です。(令和元年現在で)

電気を使わず涼しさが持続しますので、節電効果も期待でき、

地球の温暖化対策としても効果が期待できます敷物だと考えます。

 

 

 

油団の効果

油団をお気に入りで使っている子供と、油団の効果を実験、測定してみました。

室温27.3℃ 油団表面温度25.4℃ でその差は約2℃違いがありました。

体温も計り、10分で-0.2℃低下しました。これは涼しいわけです。

熱伝導による影響だと考えられています。先人の知恵は凄いですね。

 

 

 

ペット用として開発しました「ペッとん」(商標登録済) について

油団でペット用のマット「ペッとん」を開発制作しています。

暑さに弱いペットちゃんの必須アイテムとしても活躍します。

我が家の愛犬も、お気に入りで使っています。

日中お留守番の多いペットちゃんに‼ 節電、地球にもやさしい商品です。

ペッとんペッとん(敷物)で涼む犬

 

油団・ペッとんは完全受注生産になりますので、仕上がりは半年から一年後になります。

エアコンが体調にあわないという方にもおすすめです。

最初はレモン色、年数ごとにあめ色から茶色、こげ茶色へと変化していきます。

お手入れや保管など、大切に使えば “ひんやり” とした涼感は更に増していき

100年(孫の代まで) にも至って使っていただけます。

 

ご興味のある方は、ぜひ、インテリア佐野までお問い合わせください。

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 インテリア佐野. All rights Reserved.