ブログ


別荘地での洗面脱衣室、トイレの壁紙を張替えしました。

全体的にはがれ、浮きがありました。

 

下見をしたときは、ジョイント部分がほぼめくれている状態でした。とても補修工事では

キレイにすることが、難しいため、全面的に張替えることとなりました。

別荘地でよくある状況としては、カビの発生していることが多いのですが、カビの発生は

ありませんでした。しかしながら、壁紙がここまでめくれている状態としては、まず第一の

原因としては、湿気によるものとおもわれましたが、カビの繁殖がないのが不思議でしたが

はがし始めますと、なんとほぼ壁紙が付いていない状態でした。なので全体的にめくれている

理由がわかりました。はがし始めは順調でしたが、浮いているところを直そうとして、

所どころに、両面テープ、木工用ボンドで貼られていたので、はがすのに時間がかかりました

特に木工用ボンドがついているところは、カチカチに固まっているので、きれいにはがそうと

すると、下地までダメにしてしまうため、パテ処理で目立ちにくく処理しました。

 

壁紙のはがれ

 

 

壁紙を自分で補修するときのポイント、注意点。

 

まずは、直したいところの壁紙の状態を確認することが、とても重要なことです。

*壁紙のはがれ、ういている場合は、ボンド・両面テープは絶対に使用しないこと。

ホームセンターにもありますが、ジョイントコークとよばれる、壁紙専用のコーキング材が

ありますので、必ずこのジョイントコークを使ってください。色も多数あります。また、

はがれている状況が、数か月以上経過している場合は、壁紙が固く硬化している可能性が

ありますのでその際は、壁紙が折れてしまうこともありますので、お湯などを使って

柔らかくするか、もしくは、何もしないことがよい状況も考えられます。

 

・壁紙でお困りごとがありましたら、インテリア佐野へご相談ください

 アドバイスだけでも対応いたします。

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 インテリア佐野. All rights Reserved.